2021年度の公立高校入試で一番競争率が高かった高槻市内の高校はどこ?【たかつきクイズ】

高槻のことがもっと詳しくなれる【たかつきクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.2021年度の公立高校入試で一番競争率が高かった高槻市内の高校はどこでしょう?

a.三島高校
b.高槻北高校
c.芥川高校
d.阿武野高校
e.大冠高校
f.槻の木高校


大冠高等学校-21022512
(正解の高校にモザイクいれました)

競争率ってのは単純に、各高校の募集人数に対して何人が受験したかという割合です。

さて、2021年度の高槻市内の公立高校入試で一番競争率が高かったのはどこなんでしょうか…!?









正解は
e大冠高校でした!

大冠高等学校-2102251
(大冠高校)

ソースは大阪府のサイトこのPDFです。

競争率順に高校を並べてみるとこんな感じ↓
三島高校:320人募集に対し384人志願 1.20倍 
高槻北高校:320人募集に対し326人志願 1.02倍 
芥川高校:320人募集に対し331人志願 1.03倍 
阿武野高校:240人募集に対し265人志願 1.10倍 
大冠高校:280人募集に対し350人志願 1.25倍 
槻の木高校:240人募集に対し249人志願 1.04倍
と、大冠高校がいちばん競争率が高いことがわかります。
また、単純な志願者数でいうと三島高校の方が多いですね〜。

ちなみに大阪府内の公立高校で一番競争率が高かったのは、お隣茨木市にある春日丘高校。
320人の募集に対して549人の応募があり1.72倍でした。

逆に一番競争率が低かったのはお隣島本町にある島本高校で0.31倍。

その他気になる高校があればリンク先をどうぞ。

◆関連記事





ライター:すどん すどん

カテゴリ : クイズ