高槻に住んでた「つるの剛士」がトラウマになってる高槻の『あるもの』はなに?【たかつきクイズ】

高槻のことがもっと詳しくなれる【たかつきクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓
Q.高槻に住んでいた「つるの剛士」がトラウマになってる高槻の『あるもの』は何でしょう?

a.手作りっぽいそのへんの「飛び出し坊や」
b.JR高槻駅の狭い方の「地下道」
c.城北通りの学生服オーミヤの「シャッターの絵」
d.高槻城公園内にある「昔の兵舎の建物」

名称未設定-1

つるの剛士さんは、幼稚園小学校時代を高槻で過ごされていたことを記事にしたばかり。

「ウルトラマンダイナ」のアスカ隊員役や、クイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」から生まれたユニット『羞恥心』でリーダーをされていたり、最近ではタレント活動以外に、保育士資格を取得するため保育実習をされたりと幅広く活動されているようです。

さて、そんなつるの剛士さんが「トラウマで…」と言っている高槻の『あるもの』とは何だったでしょう?









正解は、
c城北通りの学生服オーミヤの「シャッターの絵」でした!

実はクイズの写真に使用しているシャッターの絵とは違うようでして、つるの剛士さんが本当にびびってた絵はご本人のTwitterでご覧いただけます↓
目がぐるぐるしています。言われてみると確かに、どこを見ているのか、吸い込まれそうな特徴的な目が恐怖だったのかもしれません!

オーミヤ城北通り-202111162
(現在のオーミヤのシャッターの絵)

城北通りのお店が閉まっている時間に通ることがあまりなかったので私の記憶にはあまりなく。他の選択肢もそれっぽいのを選んでみたのですが、個人的には狭い方の地下道とか、初めて通ったときはちょっと怖かったです。

どのくらい前までこのシャッターだったのかはわかりませんが、つるのさんがトラウマと言っているこのシャッターの絵を同じく怖かったと覚えている方もいるのではないでしょうか〜!

続き↓
オーミヤ城北通り-202111171
見上げたら…、

オーミヤ城北通り-202111172
いた!!

まだこっちの看板にはいてました!(裏側には女の子バージョンも)

関連記事



ライター:アハ アハ